読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AMBALIというブランドに心を奪われている。
日本にはお店がなく、セレクトショップにときどき入っているのだが、なんとなく服を見ていて、飛び抜けて好きだと思うものを見つけると、タグに「AMBALI」の文字がある。

 

あまり、ひとつのブランドに入れあげることはないけれど、AMBALIの服はもう二着買ってしまった。
AMBALIの服ばかり買っていたいくらいだ。
もう「今どんな服が必要か」とか「新たに買うべきアイテムはどんなものか」とかを飛び越えて「欲しい」と思ってしまう。

危険な気持ちだ。

 

こんな気持ちになったことが、何年も前に一度ある。

そのときわたしが夢中になったのは、デザイナーが変わる前のYLANG YLANGだった。

そのとき初めて、家賃より高い服を買った。

現実離れした、素敵な二着のドレスは、今でもわたしのクローゼットの中にある。一着は祖母にリメイクしてもらった姿で、一着はそのままで。 

派手で、大胆で、日本でわたしのような生活をしていて、こんな服を着る機会は滅多にない。

最後に着たのは去年の夏のサンセットクルーズだ。

 

こういうのは、好きなデザイナーにお金を払いたい、という気持ちなんかでは、断じてない。

ただ、その美しいものを手に入れて自分のものにして、独り占めしたいだけだ。

その美しいものを身にまとって、服と同化したいだけ。

その瞬間は官能的だけど、興奮のあまりそれが自分に似合っているかとか、自分をよく見せてくれるかとか、そういうことはきれいさっぱり忘れてしまうことがある。

 

誰もいない世界で、ただその服をまとうためだけに服を買うということがある。

AMBALIの服は、わたしにとってはわりと現実的で、ちゃんと普段着られるものだけど、

ときどき、着る機会なんてないような、とんでもなく美しい服が欲しいと思うことはいまでもある。