読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルサイユのばら」展に行った。
予想以上に原画のボリュームがあって、
原画で見る名場面の数々に、ハンカチ握りしめて恥ずかしいくらい泣いた。
「ベルばら」の登場人物たちは、みんな誠実に人を愛する。
愛するときも、べつのひとへの愛のために他人の愛を拒むときも、
誠実に言葉を尽くす。
華麗な絵柄もたまらないが、言葉も素晴らしく、
わたしの中では、声に出して読みたいセリフNo.1である。
「あのセリフを聞けるんだ……」と思うと、宝塚のベルばらも観たくなってしまった。
三十路がハマるとヤバい趣味の中で、和の趣味もアイドルもがんばって遠ざけてきたのに、
まさかここにきて「ヅカ」という罠が待ち受けていたとは……。
(たぶん、すさまじいチケット争奪戦になると思われるけど)

展覧会は松屋だったので、帰りに靴のフロアに寄った。
秋の靴がぜんぜんなくて困っていたので、よさそうな靴を3足見繕ってサイズを出してもらう。
エナメルの靴は、秋冬はとても映えて良さそうだし、
パイソンのバックストラップの靴は、形がすごくセクシーだったけれど、
megumi ochiのバイカラーの靴が、はいた瞬間足に吸いつくような柔らかいフィット感で、
この靴以外の靴を買うことが考えられなくなってしまった。

昔はマノロの靴とかに憧れたものだし、
いまだってくれるというのならジミー・チュウの靴とかはいてみたいけど、
最近は、足が痛くなるような靴はもうまっぴらという気持ちのほうが強い。
足が痛いと頭まで痛くなってくるし、不機嫌になるし、
楽しい気分のときにどこまでも歩いてゆける靴がいい。

いい靴を見つけたので、今日は買いもののカンが冴えてるな、と思って、
結局バーニーズまで行く。
死なばもろともコースと呼んでいいコースだ。
三越を飛ばしただけでもほめてほしい……。

毎年、春も秋もてきとうなジャケットがなくて困るので、
いくつか試着してみたけれど、あまり良くなかった。

ミュベールの新作とか、かわいらしいものがたくさん並んでいて、
その中を歩きながら、
自分の服の好みがずいぶん変わったことを実感する。
デザインとして好きなものと、自分が着るためのものを、
明確に分けて考えるようになった。

ワンピースを二着、試着して、二着とも買った。
秋冬のために買ったのは、いまのところワンピース三着とスカート一枚、靴一足。
ちょっと買い過ぎなのはともかくとして、
ワンピース三着というところが、
もう上下のコーディネイトというものを完全に放棄している感じがして、
われながらどうかと思えてくる。

でも、少しだけ寒くなるのが楽しみになった。