読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが勝手に、AV界の三大巨匠だと思っている監督のひとり、

ヘンリー塚本監督に、きょう、取材で初めて会った。

 

ヘンリーさんは、
 

「この世の中で、いちばん大切なのはセックス、

 この世の中で、いちばんすばらしいものは、惚れた女のおまんこだよ。

 好きになったら、断られたらどうしようなんて考えちゃいけない。

 だめでもともとなんだから、

 好きです、やらせてください、と言わなきゃいけない」

と、言った。 

 

取材中は、ああ、これはいい原稿になるな、と、わりと冷静に考えていたけれど、
終わって、編集さんと別れて電車に乗り、

代々木駅で降りたところで、その言葉を思い出して、泣いた。

「おまんこ」っていう言葉を使って、いいことを言うのは、実はけっこう簡単だ。
「おまんこ」自体にインパクトがあるから、なにを言ったって、それなりにショッキングになるし、
面白くもしやすい。
谷川俊太郎の「なんでもおまんこ」という詩だって、大胆で爽快だけれど、
わたしは好きじゃない。 

「おまんこ」っていう言葉に、よけいなものがつきすぎてる感じがするから、

好きじゃない。

生命の源だとか、エロスとかタナトスだとか、そんなことはどうだっていい。

わたしは自分のおまんこにそんなもの感じたことない。

わたしのおまんこはただのおまんこでしかなくて、
それに勝手に意味なんかつけてほしくない。

ヘンリーさんが、
ただ、おまんこはいやらしくてすばらしいんだと、
惚れた女のは最高なんだと、
そう言ったのを聞いて、
嬉しくてめそめそ泣きながら、
わたしは、そういうふうに言ってくれるひとと、
一緒になれたらいいと、心から思った。