読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の中に嵐があって、前の晩なかなか寝つけず、お酒をのんで無理矢理寝たので最悪の目覚め。
どこにも行きたくない気持ちをひきずって、出かける。
今日は約束があって、一日中、ひとと過ごさなくちゃいけない。
途中、美術館のトイレで少し泣いた。

夕方、ホテルのロビーで「ちょっと電話をかけてくる」と言って、
近くの店で煙草とライターを買って 、地下の広場の喫煙所のベンチに座った。

みっともなく足を組んで、背中を丸めて、何も考えずに三本吸って、戻った。

雨がやんで、虹が出ていたらしい。
わたしには見えなかった。